☆AruruあっとHome☆

訪問ありがとうございます☆ 小3の女の子を持つ働く主婦デスo(^-^)o 現在男の子(2才)、第3子(5ヵ月)を出産し育児休暇3年目突入で、まだまだ継続中!!!社会復帰が怖い・・・。日々の育児や趣味などをのんびり更新していきます♪     ★記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.31 Mon 12:25
1年前の今日2010年1月31日

私はこの1日の出来事を一生


死ぬまで、どんなに今が幸せでも


忘れることはないでしょう。




やっと1年経ち、このブログで書ける気になりました。


ブログで書く事によって、新しい1年をすごすぞ!!!


自分で思えるから。


今回、長くなるとおもうので

アップも分けて行います。

(自分の気持ちの整理の為、

読む側の方への配慮は全く

考えておりません。。。ご了承ください)







--------------------

1年前の1月31日は土曜日でした。

アルルは朝からスイミングに行き、お昼に帰宅。

パパは「ロアッソの練習を見学しに行く」と外出。

いつものように私、アルル、リヨンでお昼ご飯を食べました。

リヨンはいつもの様にバクバクとご飯も平らげ、なんの変化もない。

私はちょっと買い物に行こうかなとリヨンに靴を履かせます。

いつもだと、外に出れる!と喜んで靴を履くのに

この日は「グズグズ」・・・。

私は「眠いんだきっと」と思いながら

車に乗せました。


案の定、お店に着いたときはリヨンは寝ていました。

後から考えると・・・この時『寝ているように見えた』のでした。

寝ていたので、起こさず、アルルと二人でお店に入りました。

そんなに長くならない買い物だったし、暖かい毛布も着せてたので。


買い物を終え、車に乗り家に帰る途中の会話。

私「まだリヨンくんは寝てるねー」

アルル「うん。白目むいてねてるよーー!」

私。「えーー!?そんなに爆睡してるのーー!?」



そして家に着き、ドアを開けた瞬間。

寝ている・・・・とは思えない。。。。変わり果てた姿。

そう。リヨンは「白目をむいて寝ていた」のではなく。

「白目をむいて意識を失っていた」のでした。



私は慌てて(無我夢中で)チャイルドシートからリヨンを抱かかえ

グッタリしているリヨンを家に運び、ワケが分からずかかりつけの病院に震えながら電話をし

状況を説明すると「すぐに救急車をよんで!!」と言われました。

すぐに電話を切り、119番へ。

私の様子にアルルは泣きべそをかいていました。危ないという状況が

アルルにも分かったようです。

私は119に電話をしている間に、アルルに「パパに電話して!!」とさせました。

アルルはなきべそをかきながらパパに状況を話していました。

119の方が

「お母さん、お子さんは息をしてますか?」

「落ち着いて、救急車がくるまでに息をしているか見ておいてください

 もし、呼吸が止まったら人工呼吸をしてください」

と言われ、益々振るえが止まりませんでした。



5分~10分の間ぐらい床に寝せているリヨンの横で

アルルとふたりずっとリヨンを呼んでいました。

救急隊員の方がリヨンを救急車に乗せ、もう一人の方から状況を聞かれ

家の戸締りをし、アルルと二人で救急車に乗り込みました。


リヨンはすぐに隊員の方が体のチェックをされ、

「地域医療に搬送します」と言われました。

途中、呼吸状態や瞳孔の確認を細かくチェック。


すると、また隊員さんが無線機で話し始めました

「患者の瞳孔を確認したら、意識レベルが落ち始めたので

搬送先を変えます。日赤が近いのでそちらに搬送します」と話しています。

私は、救急車のサイレン・・・隊員の「意識レベルが落ちて危険」の言葉が

「夢であって欲しい」と何度も何度も思いました。

その間もずっと私は「リヨンくーん」と動かないリヨンに声を掛けていました。

声かけぐらいしかできません。

アルルは隣で下を向いて黙っています。。。。

こんな状況、誰が予想できたでしょうか。


「意識レベルが下がってる」って・・・・

リヨンは私の手の中から居なくなるの???

もしかしていなくなってしまうの???

と、頭の中をその言葉がグルグルまわります。


日赤への道のりは車の割と多い道路。

交差点など、多くてなかなか前に進めません。

「みんな素早く避けてよ!!!」と心の中で叫ぶ私。

少しでも1分1秒早く病院について欲しいのに・・・。


病院に着きました。

今思えば、救急医療ドラマの様な状況ですよ。本当に。

お医者さんが私に状況を尋ねられます。

私もその日の思い出すこと全てを説明。

すると「頭を打ったとかない?」とお医者様。

確かに、1才2ヶ月で歩き始めてヨチヨチあるき。

転ぶなんて日常茶飯事となっていました。

「頭に原因があるのだろうと思われます」と言われました。


私とアルルは待合室で待機。

するとパパが超特急で病院まで駆けつけてきました。

親子3人で説明を待ちます。


スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top
Calendar
2017.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lyonの成長曲線♪
☆blogram☆
☆訪問ありがとう☆
☆コメントありがとう!!☆
☆お気に入りSHOP☆
☆Link☆
Special Thanks!!!
現在の閲覧者数:
★いくつになったの★
★いくつになったのパートⅡ★
★gremzの木★
まゆみサンのブログにあるのをみて 私もやってみたいと思い登録しました!
☆Profile☆

Aruruママ

Author:Aruruママ
働くママ(現在育児休暇中★)です!
パパ、7歳の女の子、そして1才の男の子の4人家族です。

*PAPA* Soccerを始めSPORTS・海外旅行が大好きなとっても行動力のある優しいパパです。
*ARURU* 7歳のお喋り大好きな女の子。Tyベアとチョコレートが大好き☆
とっても走るのが速くて活発です。
*LYON* 2才のカワイイ男の子!
*Aruruママ*
働きながら、自分の趣味!?のため
日々情報を収集していマース。
友達や家族で食事に行く事、
SMAPを始め、他アーティストのライブに行く事、
カワイイ雑貨を見る事、
子どもの洋服を買う事が大好き☆

将来の夢。
もう一度フランス「アルル」「リヨン」に行くのが夢。
みんなのプロフィールSP

FC2ブログランキング

Copyright © ☆AruruあっとHome☆ All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。